• Kさんの飼い猫の体験談 2010年2月
    飼い猫が癌と診断され、発覚した時にはかなり腫瘍が大きく、切除は不可能な状態。抗がん剤治療を行ったとしても余命数ヶ月、場合によっては1ヶ月もたないと言われました。病気が発覚したその時には胸水もたまっており、110cc抜きました。おそらくかなり息苦しかったと思います。胸水はまたたまってしまうので、定期的に抜く必要があり三日後にみてもらった際にはまた少したまりはじめていましたがそこまで苦しくないレベルだ...

プロフィール

精霊療法ヒーラー

https://www.goviryu.com/
邪気が浄化されるほど健康に幸せになれることが60年の実践探究でわかりました!!

月別アーカイブ