膀胱に腫瘍、気管虚脱等で体調不良の犬の遠隔体験談 千葉県 2021年4月

個別遠隔ヒーリングは、犬もいつも寝ている時刻ではありますが、
一緒に寝室に行くとすぐに横になり、呼吸がゆっくりでリラックスしている様子でした。
私も心地よくウトウトしました。
 
個別ヒーリングも、グループヒーリングも、時間になると犬はゴローンとリラックスし、私もそのまま朝までグッスリ寝入ってしまいました。
 
抱っこがあまり好きでない猫を抱っこして寝たのですが、猫もおとなしくしていました。
 
朝起きたときも、みぞおちの辺り、お腹の奥までほぐれたような心地良い感覚が残っておりました。
 
犬は気管虚脱という病気のせいか、呼吸時にはいびきのような音を出しているのですが、朝はスースーと静かでした。
 
犬も元気になってきていますが、まだ血尿が気になっています。(細菌性の膀胱炎で抗生物質はもらって飲んでいます)
 
ヒーリングのときのうちの犬の様子(猫も寄ってきました)を添付いたします。
 

プロフィール

無の遠隔氣療師

https://www.goviryu.com/
脳幹が浄化、強化されるほど健康に幸せになれます!

月別アーカイブ